ELLEGARDEN/Supernova叩いてみた解説します!

ツインペダル

どうも、むーでぃです!
いやぁ、暑い、暑い、燃えそうですね笑

僕としては、お空を飛ぶと焦げちゃいそうなんで控えてます!嘘です飛べません笑
さて、そんな今回は、以前叩かせていただきましたELLEGARDEN のSupernova の曲紹介をしたいと思います!

この曲は僕も大好きで、ライブなんかでやると楽しい曲なので是非みなさんもカバーしてみてください(^^)
勢いあってモリモリ盛り上がります!

今回個人的に意識すべきところを3個ほど解説していきたいと思います!
そこさえできるようになると、比較的やりやすいのではないかなと、思います!

サビ前スネアロール、アクセント

サビ前に入る部分です。4小節ほどの6連スネアロール・頭アクセントの部分です!

サビ前


ここって、6連で頭アクセントが入るので合わせるのが大変なのと、テンポが速いので粒立ちが揃うのが大変です。

アクセント移動なんかも今後ブログで紹介していきたいと思うので今後とも是非ブログをご覧ください!


アクセント移動で意識した方がいいところは、音の大きさの変化はもちろん必要なのですが大きい音を出すのを意識するのでなく…

  • 腕の動き
  • タイミング

を意識しましょう!ここを意識すると大きい音を意識せずとも自然と音が出ます!

次に意識すべきところは「小さい方の音」です。
大きい音のバランスも必要ですが小さい音の粒立ちがとっても大切です。

それも含めてアクセント移動の練習を行うんですね!


アクセント移動をマスターすると意識すべきところは全部できます!!


練習方法はとにかくゆっくりから行なっていきます。また、イメージの練習として声に出してみましょう!

4連と6連だと少しだけ手の動きを変える必要があります。モーラー奏法なんてのもあります。

サビの2ビート

次にサビですね、ここは速いテンポでの
ドッタッンドタッドッタッドドタッのリズムです。

サビ


速さはあるけどやはり勢いで叩いてしまっては良くありません。最初はゆっくりと、行うべきです。

ドッタッンドタンッの部分は、一個間に抜けてる部分があります!休符的なイメージです。ここのタイミングがずれると曲に合わないです。ここがずれると曲がまとまらず気持ち悪いです!

ンドの部分って利き手で刻んでいるとこと合わせるのがなかなか大変だったりします。
速く叩くを意識するのでなく、正確にタイミングを合わせることを意識しましょう!!

次に、ドッタンドドタッの部分はスライド奏法を、使用したりツインペダルで2打踏むイメージです!そこにライドシンバルで8を刻んでいくので利き手が疲れてしまいます。

そこで、腕のアップダウンを使用してみましょう!
このアップダウンは出来るようになると、アクセント移動にも繋がっていくので便利です。速い曲でハイハットなど刻むときもほとんどがアップダウンです。めちゃくちゃ使うので是非行ってみてくださいませっ!

2ビートからの…?

最後に2ビートからの4部になるところです。


ここは、速く刻んでいるところから半分になるのでテンポが遅くなったと感じてしまいやすいですが実際は変わらないです。

変に遅くするとモタって聞こえてしまうので気をつけましょう!

また、フィルインなんかもズレやすいのでここもしっかりと叩くというところを意識しましょう!

いかがでしたでしょうか?(^^)
結構ここができるようになるとこの曲はやりやすいし楽しいです!機会があれば是非ともやってみてくださいっ!

では、バハハーハー

コメント

タイトルとURLをコピーしました