苦手な曲に対しての意識改革

ツインペダル

どうも、むーでぃです!

今回は、前回の続きみたいなもので、苦手な曲の聴き方の紹介をしたいと思います。
初めて聴く曲は「分けて叩こう」というようなイメージでお話ししたと思いますが、

今日は、聴くことに対してのモチベーションの持ち方なんかを紹介したいと思います。
苦手な曲ってなかなか身につかないし、気持ちで負けてる部分もあるので、どうも聴く気になれないんですね…笑笑
僕は以前まだ10代だったころ…
自分の好きな音楽以外は聴きません!と頑なに抵抗をしていました。でも、ドラマー、それ以外もそうですがいろんな曲を聴いていろんな面で活かせるはずなんですね。

例えば、ジャズなんかを練習するにはダブルストロークであったりパラディドルなんかは必須です。(他のジャンルでも必要です笑)
また、リズムの取り方が違うので、そう言った面でも経験になるし自分にプラスになるはずなんですね。

しかし以前の僕は、自分の好きなジャンルに自信があったのか無かったのかはわかりませんが…笑
違うジャンルをやったら今までの自分では無くなるのでは…と思いこんでいたことがあります。
今思うとそんなことありませんよね笑なんて勿体無いことをしたんだと後悔していたり…笑

今現在も他のジャンルもできるかと言われたらそうではないけど…基礎的なことはやったのかなと思います!

そこで、今回は苦手な曲やジャンルを聞く前の意識的な面でどうしたらいいのか紹介をしたいと思います。

妥協点を決めよう

まず、苦手な曲に対して
完璧にできるようにしよう!という気持ちで臨むと精神的にきついです。
気持ちが保てません。曲を聞くのも嫌になることもしばしば…笑


苦手意識がある時によくあることですが、(実体験)上手い人の映像とかをみてがっくりときちゃうんですね。
苦手ということはレベル1の状態だと思ってください。むしろ苦手な意識があるから1以下です!
マサラタウンからスタートしていると思ってください。

不思議と人間って苦手なものほど完璧を基準にしてしまうんですよね…

得意なジャンルを聞く時は、上手い人の映像を見てこうなりたいから練習しよう!と思うのですが、苦手なのを聞くと、「あぁー僕には無理だ…」
そして人前でなんか見せれない…

となってしまいます。苦手なジャンルを聞く時は、

へーこんな感じなんだーやってみるかー

くらいのモチベーションでいいです。完璧を求めちゃダメ!
そしてどこまでやるかという妥協点を決めてください。

ロックを得意とする人が急に跳ねる曲をやっても完璧にはなりません。雰囲気をつかむ程度でいいのです!と、僕は思っています。

とにかく楽しもう

そして、練習する時は難しいしやり辛いです!
でも、その気持ちのままやっていても正直苦痛です。
先程と同じく聴くのも嫌になることもあります

完璧に!!
と思うと先が長いので最低限のラインを自分で作りとにかく楽しみましょう!
まずは
出来ることを目的にするのではなく知ることを目的にします!

楽器や、楽器以外でもそう!全力でやって色んなことに手を出して自分の幅を広げるって言うのは大切だしマイナスになることなんてありません!

まずはそこから少しずつやってみることが大切です!みなさんもやり辛いと感じる時やあまり好きでは無い曲、苦手な曲なんでも良いです。

やる時は是非このブログを見てください!
ちなみに僕の好きな言葉は「0.5生懸命」です!あるバンドの歌詞です!

では、バハハーハー

コメント

タイトルとURLをコピーしました