Paralyzed ocean/Pay money to my pain

ツインペダル

どうも、むーでぃです

最近、桜の花以外にこぶしの花というものも春に咲くということを知ったのは秘密です!
そんな今回は、僕の叩いてみた動画解説をして行きたいと思います!!!!

Paralyzed ocean/Pay money to my pain

この曲…というかPTPが大変思い入れがあり、好きな曲なのです。なので、全力で丁寧に解説して行きたいと思います。
まず動画をどうぞご覧ください!
https://youtu.be/eZAidLVAsZk

まず、この曲の特徴はとにかく疾走感です。2ビートです。速いです
しかし、速い分単純なフレーズが多いので、絶望的ではないです!

少しずつ解説して行きたいと思います!!

基本のビート

この曲のビートは基本的に2ビートが多いです。2種類あります!まずはこれ!

曲にあわせて表にスネアとハイハット。
裏にバスドラを入れていくフレーズです。
このフレーズは慣れれば安定して出来ますが、慣れるまでに若干時間を要します。

スネアとバスドラを一定のリズムで合わせていくのって結構大変なんです笑

いまだにテンポがめちゃくちゃ速いとずれたり、ずれすぎてスネアとバスが同じタイミングになってしまったりと…。笑


次にこの王道フレーズです。
さっきと逆で、バスドラとスネア、ハイハットの順に交互に入れて行きます。
そして2打目のバスをダブルで入れます
ダブルを綺麗に入れられるとかっこいいのですがなかなか難しい。

ツインペダルでダブルを踏むのも、ツインが慣れてくるまで安定しない
シングルで頑張るのも大変!

どちらかで悩んだ時!

僕個人の意見としては、両方同じ配分で練習するのが一番いいと思います。
ただ、シングルも安定していないのにツインに手を出したくない。
そんな方もいると思っています(自分もだったのは秘密)

そもそも…基礎を定着させるってかなり大切で、シングルのダブルを安定するまで極めるのは良いことだと思います。

た・だ・し

やり過ぎには注意です!!
そこには大きな穴があります。

その穴というのは、
シングルを極め、かなり速い2ビートを踏めるようになった後!
いざツインを始めるとシングルだと負けないのにという謎のプライドが生まれてしまい、何をするにもシングルが頭をかすめてしまい言い訳にしてしまうんです。
これ全て実体験。もちろんそんなことない人もいるだろうし、何言ってんだこいつと思う人もいるかもしれません。

ただ、

そんな言い訳が頭から離れない僕は、どんどん苦手意識が芽生えてしまったんです。

苦手意識や癖ってなかなか治らないものです…。僕は心を切り替えるまで2、3年かかりました…汗汗

だからと言って、ツインペダルに偏って練習してしまうとシングルがどんどん出来なくなってしまいます。

ドラムってなかなか意地悪なものですよね笑
少しでも距離を置くとすぐに離れてしまいます!

よって僕は両方同じ配分くらいに練習するのを推します。
もちろん練習量は膨大だし大変です。

でも、必ずその練習は自分の資産として大切なものとなっていくと思っています。

すみません…かなり話がそれてしまいました…


手足のコンビネーション

2番のAメロ直前の手足のコンビネーションです!
これは、スネア2、バスドラ2、タム2、バスドラ2

RLKK/RLKK/RLKK/RLKK/
の順番で叩いて行きます。

このコンビネーションは少しでもずれると汚い音になってしまいます!
かなり大切なフレーズです。ゆっくりから徐々にテンポアップしていく練習が必要になって行きます!

そしてこの曲はストップ!!!の掛け声と共に音がパッと止まるブレイクがあります!
バンドとして合わせる際はここはきちっと止めないとカッコ悪くなってしまいます笑

ここです!

ドラムソロ

2番サビが終わったところで、ドラムだけのところがあります!
そこは決まるとかなりかっこいいので是非とも練習してください!

このフレーズも声に出していくとイメージトレーニングもしやすいです!
ダッドド・ダッドド・ダッダッドド・ダッダッドド・ダッドド・ダッドド

タムとスネア、バスドラとシンバルとスネア、バスドラと途中で変わります。

これは、実は場所が変わるだけでフレーズは変わらないのです…
と言いたいところですが笑
叩く場所が変わるだけでなかなかやり辛くなってしまいます笑

大変ですができるとかなりかっこいいです!

これもまた、ゆっくりからスタートしてください!!
ちなみに、シングルでもツインペダルでもしっかり練習したらできるので…(かなり大変ですが)

是非とも頑張ってください


では、バハハーハー

コメント

タイトルとURLをコピーしました