Paramore/Decode

ツインペダル

どうも、むーでぃです!

GとWのつくおやすみがやってきましたねみなさん!

ゴールデンウィークですよ!!
僕の居た鳥の島ではそんなものはなくシフト制でお仕事していたので…

こんな嬉しい日はありません!

と、いうことで本日もブログを更新してみたいと思います!

今日は以前叩かせていただいたParamoreのDecodeという曲を解説して行きたいと思います!

https://youtu.be/JzeoJeJw1ZI

この曲はトワイライトという映画の主題歌になっており、知っている人も多いのではないでしょうか?笑僕はあまりトワイライト自体はみてなかったのですが、歌がいいの何のって…笑

なのでどこかでこの曲をやりたいと思っていました。

シングルペダルで特に複雑なフレーズや速いフィルインがあるわけではないのですが、エモい曲なので演っているうちに感情的になって楽しくなってくるんですよね?

楽しいのは良いことだと思っているのですが、力が入ってはいけない!力が入るとどうしても動きが固くなり音にも支障が出てしまいます笑
こういうミドルなテンポは特にフィルインで走りがちで動きが固くなりがちです!!

よく僕は学生の頃ライブでそれが原因で走ったり硬かったりと…自分の動画を見て何度悶絶したことか…

では、フレーズの紹介をして行きたいと思います

基本のビート

まず、Aメロは大体これです!ハイハットは片手16で刻みながら、間にバスドラとスネアを混ぜていくフレーズですね。
これは、結構ハイハットとバス、スネアが合わせ辛いです笑そしてハイハットがなかなか速いので右手が疲れてしまいます。
アップダウン奏法を駆使してください!

そこにフィルインがちょこちょこ入ってくるのでズレやすいです!

安定させる意識として、ハイハットはアップダウンで常に安定させるイメージです。ハイハットに気が向きすぎず、バスドラやスネアも意識せず流れで叩くような意識を持って叩いてみてください!

このようなフレーズは一つに力を入れすぎてしまうと動きが固くなってしまうので要注意です

譜面です!

サビ前、サビ

サビ前動画

サビ前はバスドラ、ハイハットを一定のタイミングで。ちなみに僕の場合は、シンバルとハイハットオープンを一緒に叩いております!


そこにタム回しを行って行きます。
ここで注意してほしいのは、タムに入る際にどうしても叩かなければという気持ちが入ってしまいがちです笑気持ちが入ると走りがちになってしまうのでくれぐれも気をつけて!タム回しのコツとしては、身体の力を抜く努力をし、手だけを伸ばして移動させるのではなく、体幹全体を使って手の移動をします!

細かい棒はフラム

サビは、ハイハットをオープンにして叩いてください!Aメロと違い音を大きくすると良いのですが、力を入れてはいけません!

サビ

ここは単純なフレーズなので逆に力が入らないように気をつけてくださいね!あと、僕だけかもしれないですが(๑>◡<๑)
ハイハットとスネアを交互に叩くと手が絡まってしまうことが笑

なので叩く時などはセッティングの確認も忘れずに!

2番Aメロ前

僕はここが一番苦手でした笑ハイハットとスネアをユニゾンさせます!ここでスネアにアクセントつけたりと個人的には大変でした笑

2番Aメロ前


ここは強弱やタイミングに気をつけてください!!!

アクセントを入れることで、スネアとハイハットがずれてしまいがちなので最初はアクセントなしで練習してみると良いかもしれません。

どうでしたか?解説したいフレーズは以上ではありますが、この曲の残りはすべて上記ができるようになればできると思うので、

このブログを見てくれた方は是非是非演ってみてください!!!!!
以上、むーでぃの紹介するDecodeでした〜

では、バハハーハー

コメント

タイトルとURLをコピーしました