上達するタイミング・上達方法

トレーニング

どうも、むーでぃです!
ドラム、いやドラム以外も含めギターやベース。ピアノなんかも含めて、練習って大変だと思いませんか?

僕は大変で、なれないリズムフレーズやフィルインなど叩く時なんかは上手くいかない、果たしてできるのかしらこれ?と気が遠くなる気持ちから入っていきます。
ところがどっこい何度かスタジオに入っているうちに気が付くと、

あれ…なんかできるようになっているんですけど!?

という現象に至ります。
ただ、この現象がいつ訪れるのかはわかりません!神のみぞ知ることです。
訪れるのを待ちきれずに上手くなる前に諦めてしまうこともあります。

例えばギターなんかは、
僕実はほとんどギター弾けないのですが笑
Fコードができるようになるまで大変と言われたりしますよね?Fコードが抑えれる前に大半が諦めてしまうなんかも聞いたことあります。

正直楽器って、ある程度の人は練習してれば上達していくものだと思っています。
才能どうのこうのは置いておいて、苦手や得意なんかで多少の差があり練習量が違うこともありますが…

そのある程度まで、行くまでの道のりがいつまでかわからないので心がもたないんですね!
目的地に向かう時、行きはすごく長く感じた道が帰りは早く感じたり笑
人間の成長はそれぞれ違います。

では、どのタイミングで上達するのかというのを自分なりではありますが説明していきたいと思います。


まず、練習している最中は上手くなりません(ドン!)。やっている練習に慣れることはあると思いますが上達とは少し違う気がします。
上達するタイミングって、練習し終わった後なんですね。
人間の脳って勉強なんかもそうですけど、勉強し終わったあとに脳を休めている間に頭に入っていくらしいんですね。

それは、主に脳みその動きに関係しています。
ドラムでいうと、例えば

曲を練習して休憩を入れる。練習中は脳みそを使って覚え、休憩中に脳がフル回転して身体に身につけていくみたいなイメージですね。

ダブルストロークなんかのルーディメントにも同じことが言えます。

なので、上手くいかないからがむしゃらに練習している人よりも、効率良く練習し、休憩して身体に染み込ませていく方がいいんですね。
そういう意味でもイメージトレーニングってひつようだと思っています。
僕はスタジオに入る時間は週に一回、二、三時間程度でしか入らないので、あとはイメージトレーニングが多いです。

練習するよりイメトレをしとけばいいと言っている訳ではないです。
練習して上でイメージトレーニング、休む時間が必要ということです。

なので、今後練習して果てしない道のりをいくのではなく…休憩を挟み効率良く目標に向けて練習していくことをオススメいたします。

では、バハハーハー

コメント

タイトルとURLをコピーしました